YouTubeの「クラッシュしました」の原因・解決方法

   

スポンサーリンク

YouTubeで動画を見ていて、突然「動画がクラッシュしました」と表示されて動画が見れなくなることがありますよね。

 

そこで今回は、「クラッシュしました」の原因や解決方法についてご説明します。

「クラッシュしました」の原因は?

YouTubeで「クラッシュしました」が起きるのは、OS・サーバー・再生プレーヤーなどに不具合が起きたことが原因です。

 

スマホやPCでYouTubeを見るときは端末・OS・ブラウザ・プレーヤーなどが利用されています。

 

つまり、その中のどれかで不具合が起きているので、それを解決すれば「クラッシュしました」という状態が直るというわけです。

 

ただ、原因が起きる場所はほとんどの場合2つしかありません。

  • Adobe Flash Player
  • 端末本体の不具合

今回はこの2つの解決方法について説明します。

「クラッシュしました」の解決方法は?

Adobe Flash Playerが最新版かどうか

Adobe Flash Playerのバージョンが最新版でない場合、不具合が起きやすくなります。

 

ですので、Adobe Flash Playerが最新版か確認しましょう。

 

バージョンが古い場合は、Adobe Flash Playerから最新版をインストールしてください。

 

Adobe Flash Playerが最新版の場合、Adobe Flash Playerが原因で不具合が起きることはほぼありません。

 

その場合は次の方法を試してみてください。

再起動する

Adobe Flash Playerが最新版の場合、端末本体に不具合が生じていることがあります。

 

その場合は再起動することで、端末本体の不具合が直ることがほとんどです。

 

「再起動するだけで直るの?」と思うかもしれませんが、端末本体に不具合が生じるのは、再起動などで本体をリフレッシュしていないことが原因です。

 

そのため、1日以上端末を再起動していないなら、一度再起動して直っているか確かめてください。

それでも直らないとき・・・

  • Adobe Flash Playerが最新版
  • 端末の再起動もした

それなのに「クラッシュしました」の状態から直らない場合、OSかYouTubeに不具合が生じているかもしれません。

 

その場合は個人ではどうすることもできないので、 OSやYouTubeの不具合が解決されるまで待つしかありません。

 

OSやYouTubeに不具合が起きている場合、不具合が起きていると公表されるはずなので、使っているOSやYouTubeの HPを確認してみてください。

 - YouTube, YouTube 不具合