YouTubeのゲーム実況動画が著作権問題なく広告収入が入る理由

      2016/05/22

スポンサーリンク

YouTubeにはゲーム実況動画がたくさんありますが、「ゲーム実況って著作権違反じゃないの?」と疑問に思いますよね。

 

確かにゲームのストーリーや内容はゲーム会社に著作権があるので、勝手にネット上にアップしたら著作権違反になる気がします。

 

そこで今回は、YouTubeでゲーム実況動画が著作権の問題なく広告収入を得られる理由をご説明します。

ゲーム実況動画をアップするのは著作権違反?

結論から言ってしまうと、ゲーム自体に著作権があるので無断でゲーム実況動画をアップすることはできません。

 

しかし、YouTubeでゲーム実況動画で溢れていることからも分かるように、ゲーム実況の著作権はグレーゾーンのような扱いになっています。

 

ゲーム制作会社や制作者もYouTubeに実況動画がアップされていると分かっても、実況動画にメリットがあるので、動画の削除申請をすることはほとんどありません。

ゲーム実況動画を許容するメリットは?

ゲーム制作会社や制作者には、ゲーム実況動画を勝手にYouTubeにアップされることにどんなものがメリットがあるのでしょうか。

ゲームの宣伝になる

人気実況者にゲームを実況してもらえば、無料で数十万回再生されることになります。

 

Twitterなどの媒体に広告を掲載する場合、数十万回再生される広告費はうん十万~うん百万かかるので、それを無料でできるなら安いものです。

 

YouTubeで自分が持ってないゲームの実況を何となく見て、動画が見終わったら実況されてたゲームが欲しくなることがありますよね。

 

ゲーム制作会社・制作者のメリット
  • 広告費がかからず宣伝できる
  • 売上の増加が見込める

 

最近では、チャンネル会員がたくさんいる人気実況者が企業からPRを依頼されて、動画をアップする人も出てきています。

 

ゲーム制作会社からすると、YouTubeの実況者は著作権違反する人たちというより、無料・少額の新しい広告媒体という認識に変わってきているようですね。

広告収入の一部が得られる

例えば、任天堂は実況動画から得られる広告収入を分配することで正式にゲーム実況を許可するサービスを提供しています。

任天堂が、YouTube に投稿された「任天堂の著作物が含まれる動画」からの広告収益を投稿者に分配するNintendo Creators Program のベータサービスを始めました。

これまで任天堂ゲームのプレイ動画などによる広告収益は、YouTube のルールに則り元の権利者である任天堂がすべて得ていましたが、今後は投稿者にも分配されます。

Nintendo Creators Program の登録にはGoogle アカウントと、分配金受け取り用にPayPay のビジネスアカウントが必要です。

出典:engadget

今後はこのようにゲーム制作会社と利益をシェアするサービスを提供する会社も増えていくかもしれませんね。

 

ただ、現在はしっかりと任天堂のプログラムに申し込んでゲーム実況をしている人は少数のようです。今は申し込んでいなくても大丈夫でも、将来的には申し込まないと動画が削除されるようになるかもしれません。

ゲーム実況が許可されているゲーム

任天堂のゲーム

先ほども取り上げたように任天堂のゲームはNintendo creators program に登録することで正式に実況動画をアップすることができます。

 

任天堂のマリオメーカーやスプラトゥーンなどの大人気ゲームを正式に実況できるのは嬉しいですね。

Minecraft

YouTubeで人気のMinecraftも正式にゲーム実況を許可しています。

 

やりこみ要素がすごいクオリティの高いゲームではありますが、正式に許可されているからYouTubeでたくさん実況動画がアップされて膨大な再生回数を誇っているのかもしれませんね。

ファイナルファンタジーXIV

スクウェア・エニックスのファイナルファンタジーXIVもゲーム実況が許可されています。

 

ただXIV以外は許可されていないので、間違って他のシリーズを実況しないように注意する必要がありますね。

2K Games

根強い人気があるボーダーランズを配信している2K Gamesもゲーム実況を許可しています。

 

ただ、ゲーム実況は許可していても収益化は認めていないので、広告を貼らないように気をつける必要があります。

UBISOFT

アサシンクリードなどの人気ゲームを配信するUBISOFTもゲーム実況とそれによる収益化を認めています。

 

ただ、公式ページでアサシンクリード3のネタバレ禁止のお願いが出されたりするので、ゲームごとに利用規約をしっかりと確認するようにしましょう。

その他も多数

それ以外にもガンホー・セガ・コナミ・エンターブレインなどのゲーム会社もゲーム実況を許可しています。

 

ゲーム実況を許可する会社はどんどん増えているので、今は許可していないゲーム会社やゲームもそのうちゲーム実況を許可するようになるかもしれませんね。

まとめ

簡潔にまとめると、YouTubeのゲーム実況動画で広告収益を得ても問題ありません。

 

ですので、

これからゲーム実況を始めようと思っている人、

ゲーム実況をやっているけど著作権が不安な人は、

著作権の問題はないので安心してゲーム実況の動画を投稿していって大丈夫です。

 

ただ、ゲームの中にはゲーム実況が禁止されていたり、ゲーム実況は認められているけど収益化が禁止されているゲームがあるので、各ゲーム会社の利用規約をしっかりと確認するようにしてください。

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube 著作権, YouTube投稿テクニック