スゴイ便利!YouTubeで検索履歴を残さない方法【PC/スマホ】

      2016/05/12

スポンサーリンク

今回は「YouTubeで検索履歴を残さない方法」をご紹介します。

 

ネットカフェなどの共用パソコンを使うときや、何を検索されたか他人に見られたくないときがありますよね。

 

そういった時に検索履歴を残さない方法を知っていれば、いちいち検索履歴を削除する手間がなくなります。

 

とても簡単でキャッシュも残らずメモリにも優しいので、この機会にぜひ覚えてしまいましょう。
YouTubeアプリで動画が見れない原因と5つの対処法

PCで検索履歴を残さない方法

【三マーク】をクリック

トップページでYouTubeアイコン横の【三マーク】をクリックしてください。

WS000023

そうすると画像のようなメニュー画面が開きます。

 

【履歴】をクリック

ここで【履歴】をクリック。

 

 

【検索履歴】【検索履歴を記録しない】

これで検索しても検索履歴を残さなくなります。

WS000027

再生履歴も同じ方法で残さないようにできますし、この画面で履歴の削除もできます。

 

とても簡単なので三分もかからずできるので、履歴に残したくないときだけ変更するのも手間がかかりませんね。

スポンサーリンク

スマホで検索履歴を残さない方法

スマホで設定をするときなんですが、YouTubeアプリだと検索履歴を残さない設定ができません。(2015年5月現在)

 

そのためプラウザでYouTubeを開いてそちらで設定する必要があります。
知ってると便利!YouTubeで字幕を出す簡単な方法

手順

メニューを開く

左上のYouTubeアイコンをタップしてください。

 

【履歴】をタップ

メニューが出てくるので【履歴】をタップしてください。

image70-e1430394951758

 

【検索履歴】【一時停止】

これでスマホでYouTubeを利用したときも検索履歴が残らなくなります。

 

PC同様に再生履歴を残さない設定の他に、これまでの履歴を削除することもできます。

参考:絶対消したい!YouTubeアカウントの検索履歴を削除する方法

検索履歴と再生履歴の違い

「そんなの字を見れば分かるよ」という方もいると思いますが、念のため2つの違いを説明しておきます。
YouTube検索で特定のユーザーを除外する簡単な方法

検索履歴

検索履歴は検索した記録のことです。そのため、動画から動画へ移動したときは履歴に残りません。

 

例えば、「A」と検索して「A」という動画を見たあと、関連動画から「B」という動画を見た場合は検索履歴には「A」と検索した履歴のみが残ります。

再生履歴

再生履歴は動画を再生した記録のことです。そのため検索キーワードは残りません。

 

例えば、「A」と検索して「A」という動画を見たあと、関連動画から「B」「C」と続けて動画を見た場合は再生履歴には「A」「B」「C」の動画の履歴が残ります。

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube視聴テクニック