MacでYouTubeの音が出ない原因と対処法

      2016/05/12

スポンサーリンク

MacでYouTubeを見ていて音が出ないということが起きることがあります。

 

これはYouTubeに原因ではなく、Mac本体に原因がある可能性が高いです。

 

音は出るけど動画が動かない場合はこちら^^
PCでYouTubeの動画が動かなくなる原因と対処法

 

今回はMacで音が出ないときの対処法をご紹介します!

まずはじめに

まずはじめに、YouTubeの音が出ないプラウザを一度閉じてまた開いてください。

 

プラウザをずっと開きっぱなしにしていると、動画を流しても音が出ないなどの不具合が出ることがあります。

 

これで治らなかったら次に進んでください。

音がならない時の2パターン

Macで音が出ないと言っても、2つのパターンがあります。

 

Macがこの2パターンのどちらの状態かによって解決方法は変わってきます。

完全に音が出ない場合

Macから完全に音が出ない場合、ハードウェアそのものが故障している可能性があります。

 

故障してしまった場合は修理に出すしかありません。

 

自分では故障かどうか分からないと思うので、修理に出す前にやってほしいことがあります。

 

PRAMのクリアです。

 

PRAMのクリアは何かトラブルが起きた時の対処法です。今回以外の不具合でも使えますよ。

 

Macを再起動して起動音が鳴ったあとに「option + command + P + R」キーを同時押しします。

 

もう一度起動音が鳴ったらPRAMのクリアが完了です。これで直らなかったらハードウェアの故障の可能性が高いです。
YouTubeにログインできない3つの原因

スポンサーリンク

システムアラートしかならない場合

システムアラートは鳴るけど、ネットで動画や曲を聴くときに音が出ない場合です。

 

Macで音が出ないときはこのパターンが一番多いと思います。

 

やり方

アプリケーション

ユーティリティ

Audio MIDI 設定

内蔵出力

フォーマットを「44100.0Hz」に変更

 

これで動画や音楽を聴いても音が出るようになっているはずです。
知ってると便利!YouTubeで字幕を出す簡単な方法

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube 不具合