youtubeで年齢制限がある動画を見る簡単な方法

      2016/08/22

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-0I9A355015032130kanngaeru_TP_V

ゲーム実況やyoutuberの動画で年齢制限がかかっているものがありますよね。

 

本当ならログインして18歳以上でないと、その動画を見ることができません。

 

しかし、実は18歳以下でも動画を見る方法があるんです!

 

今回はログインせずに見る方法年齢制限を解除して見る方法の2つをご紹介します。

方法は2つ

ここでは年齢制限がかかっている動画を

  • ログインせずに見る方法
  • ログインして年齢制限を解除して見る方法

この2つの方法をご紹介します。

方法1.ログインせずに見る方法

ここでは年齢制限のかかった動画をログインせずに見る小技をご紹介します。

動画のURLを変更する

年齢制限のかかっている動画のURLを変更します。URL内の【watch?v=】の部分を【v/】に変えます。

 

【https://www.youtube.com/watch?v=W1wUTJa6UHA】

【https://www.youtube.com/v/W1wUTJa6UHA】

 

このようにすれば年齢制限があっても、埋め込みコードで動画を見ることができます。

 

とても簡単な方法なのですが、この方法は動画への埋め込みが許可されている動画でしか使えません。

 

そのため、埋め込みができない動画の場合、次のログイン知る方法をやってみてください。
YouTube動画のダウンロードは逮捕されるのか

方法2.ログインして解除する方法

ここではログインして年齢制限を解除する方法をご紹介します。

Google+にログイン

まずはGoogle+にログインしてください。

 

アカウントを持っていない場合は、Google+からアカウントを作成してください。

プロフィールを開く

スクリーンショット 2015-09-27 16.26.20

まずはGoogle+のトップで【ホーム】をクリック。

【プロフィール】をクリック

スクリーンショット 2015-09-27 16.26.29

そうするとバーが下に開くので、【プロフィール】をクリックしてください。

基本情報をクリック

スクリーンショット 2015-09-27 16.26.41

上のバーで【基本情報】をクリック。

基本情報の【編集】をクリック

スクリーンショット 2015-09-27 16

そして下にある基本情報のセクションの

【編集】をクリックしてください。

生年月日を変更

スクリーンショット 2015-09-27 16.27.16

生年月日の【年】を19歳以上になるように変更してください。

 

変更したら【保存】をクリック。

YouTubeで再ログイン

Google+で基本情報を変更したら、YouTubeに戻ってアカウントを再ログインします。

 

これでYouTubeで年齢制限のかかった動画を見ることができます。
YouTubeの有料映画を見る方法を丁寧に解説!

スポンサーリンク

方法1と方法2のメリット・デメリット

方法1のメリット
  • ログインする必要がない
  • すぐに動画を見ることができる
方法1のデメリット
  • 毎回動画のURLを変更する必要がある

 

方法2のメリット
  • 変更すればもう年齢制限を解除する必要がない
方法2のデメリット
  • 最初に基本情報を変更するのが面倒

 

方法2は一度変更してしまえばその後に変更する必要がないのでオススメです。

 

ただ人によってどちらが良いか別れると思うので、好きなやり方で年齢制限を解除してください。

Huluを8ヶ月契約して分かったメリット・デメリット

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube視聴テクニック