YouTubeの再生回数が301回で止まる原因は?

      2016/05/12

スポンサーリンク

YouTubeでたまに301回で止まっている動画を見かけますよね。

 

特にYouTubeに投稿している方なら301回で急に再生回数がストップして何で!?となった経験があるかと思います。

 

そこで今回は、何故YouTubeでは301回で止まってしまうのか解説します!

再生回数がストップする理由は??

再生回数がストップしてしまうのは、動画が不正に再生されていないかを検証するアルゴリズムの仕様のためです。

 

301回の再生回数の所で、実際にボットによる連続再生や手動でのページ更新の連打などによる再生がないか検証が行われます。

 

YouTubeも公式に301回でストップするのは仕様と発表しているので、不具合とかではないので安心してください。

 

❇︎追記❇︎

2015年8月に301回でストップするのを解決したと発表されました。

不正がないか検証する理由は?

再生回数は動画の人気度を反映しますし、公平を期すためという理由ももちろんあります。

 

ただ、YouTube側から見た場合の301回でストップさせる理由はそこではありません。

 

YouTubeでは再生回数を広告料金に直結するデータとして扱っています。

 

そのため、不正再生が行われたら、その動画に流れる広告のスポンサーに不要なお金を払わせる原因となってしまいます。

 

YouTubeの主な収入源は広告収入なので、スポンサーに公平を期すために行われているのが最も大きな理由と思われます。

スポンサーリンク

追記:301回でストップするのを解決したそうです。

YouTubeの親会社であるGoogleが301回で止まる仕様を解決したそうです。

 

従来の方式

300回を越えたら再生回数をストップ。

確認後に一気に再生回数が反映させる方式。

新しい方式

再生回数に関係なく、公正な再生と確信できるものをリアルタイムで反映。

 

怪しい物を抜き出して検証。

正常と判断すれば反映し、不正ならカウントしない方式に変更されました。

l_yu_301

英語で説明された図ですが、どのように変更されたか書かれています。

 

このように変更されたため、もう301回で止まっているのを見ることはないと思います。

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube 不具合