YouTubeでセーフモードに引っかかる基準を詳しく説明!

      2016/05/12

スポンサーリンク

今回は「YouTubeのセーフモードの基準」について説明します!セーフモードがどういう基準で動画を選別しているか気になりますよね。

 

セーフモードをオンにする方法がわからない人はこちら。
YouTubeのセーフモードをロックする簡単な方法

 

子供を持つ方だったらどの辺が基準なのか気になると思いますし、動画を投稿する人も気になるところだと思います。今回はそういった疑問を解消できるよう記事にまとめました!

セーフモードに引っかかる基準は??

セーフモードに引っかかる基準はどこなのか見ていきましょう。

 

YouTubeはどうやって不適切な動画かを判断しているのか、これが分かればセーフモードの基準もわかってきます。YouTubeが判断するポイントは大きく分けて3つです。

1つ目:不適切と思われる情報

タイトルや説明文に「裸」などの不適切なキーワードが入っているとセーフモードが適用されます。他にも過激だったりグロい表現のある動画なども対象になります。

 

また、動画の内容と関係ないタイトルや説明文をつけると、最悪動画を削除されるので気をつけてください!

YouTubeアカウントが停止される3つの理由の詳細まとめ

2つ目:年齢制限

動画に年齢制限が設定されているものにもセーフモードが適用されます。

スポンサーリンク

3つ目:コミュニティの報告

YouTubeには動画再生ページに、【報告】という不適切な動画を運営に知らせるシステムがあります。

 

それを受けてYouTubeは動画の削除、もしくはセーフモードの適用を行っています。

 

もし不適切な動画にセーフモードが適用されていなくても実際に見た人が報告してくれるので、そういった動画が子供の目に触れるのは滅多にありません。

セーフモードがかかると・・・

セーフモードが有効になっている動画は、基本的に検索結果から除外されます。

 

もし検索結果にそういった動画が表示されても、動画を開いて再生することはできません。
知ってると便利!YouTubeで字幕を出す簡単な方法

 

動画自体に問題がなくてもコメントに問題がある場合、そのコメントが削除、もしくは記号化されます。

 

セーフモードは完璧とは言えませんが、かけないよりは絶対にかけたほうが良いと思います。

 

YouTubeは無料でたくさんの動画が見れる分、こういったところに気をつけておく必要がありますね!

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube視聴テクニック