YouTubeの見過ぎで速度制限になった時の対処法

      2016/08/22

スポンサーリンク

今回はYouTubeの見過ぎで速度制限になった時の対処法」をご紹介します!

 

「スマホでYouTubeを見てたらいつの間にか速度制限超えてた!」ということが意外とあります。

 

上限7GBまでの設定にしている人が多いと思いますが、動画を見ていると7GBなんてすぐです。

 

速度制限にかかると通信速度は最大で128kbpsになってしまうので、何もすることができなくなってしまいます。

 

今回は速度制限にかからないための方法、速度制限にかかったときの対処法をご紹介します!

速度制限にかかったときのスマホ

YouTubeにアップされていた通信制限にかかったスマホでネット接続している動画です。

 

動画を見るとわかりますが、ネット接続だけでもかなり遅くて使いにくくなっています。

速度制限にかかった時の3つの対処法

速度制限にかかってしまった場合、大きく分けて3つの対処法があります。

 

有料で速度制限を解除

携帯キャリアに2625円払うことで、その月は追加で2GB分通信することができます。(2016年7月現在)

 

その月の下旬に速度制限にかかったならまだしも、中旬ころに速度制限にかかってしまった場合はこの方法はオススメしません。

 

月の中旬で7GBの上限を超えてしまう人は2GBくらいならすぐに超えてしまいますからね。

 

もし有料で速度制限を解除するなら、Wi-Fi環境以外で不必要なときに使うのは避けましょう。

 

自宅のWi-Fiを利用する

Wi-Fiに接続していれば速度制限にかかっていても関係ありません。

 

速度制限にかかっていても電話やLINEは使えますが、SNSやネットなどは全く読み込みません。

 

なので、速度制限だと問題があるものは出来るだけ自宅で行うようにすると良いですね。

 

無料Wi-Fiスポットを利用する

無料で利用できるWi-Fiスポットを利用することで、外でも速度制限の問題を解決できます。

 

ただWi-Fiスポットはセキュリティに不安があるので、重要な仕事で携帯を使う人は避けたほうが良いと思います。

 

そういう方はお金が掛かっても、有料で速度制限を解除することをオススメします。

スポンサーリンク

速度制限にかからないための対策

速度制限にかからないように対策することが大事です。

 

特にYouTubeなどで動画をよく見る人は注意する必要があります。

 

暇だからと言って見続けていると、数日で速度制限にかかってしまいます。

 

Wi-Fiを利用する

出来るだけWi-Fiを利用すること。

 

これが一番効果的な対策です。

 

YouTubeを見るときは出来るだけ自宅でWi-Fiを使い、外で見るときも無料Wi-Fiスポットを利用しましょう。

 

YouTubeもできればPCで見るのがいいんですが、スマホの方が便利で見やすいですからね。

 

スマホでYouTubeをよく利用される人ほど、出来るだけWi-Fiに接続できる環境に気をつけましょう!

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube視聴テクニック