YouTubeアカウントが停止される3つの理由の詳細まとめ

      2016/05/12

スポンサーリンク

「YouTubeのアカウントが停止されたらどうしよう・・・」と不安な方も多いかと思います。停止されたらこれまでの努力が一瞬で0になりますし、アカウント停止は絶対に避けたいですよね。

 

でも大丈夫です。アカウントが停止してしまうのは3つの原因があるからです。この3つの原因さえ理解していればYouTubeのアカウントが停止することは絶対にありません。

 

そこで今回は、YouTubeアカウントが停止される3つの理由の詳細をまとめました!YouTubeでの動画投稿の参考にしてください!

YouTubeアカウントが停止される3つの理由

1:コミュニティガイドライン違反

アカウントが停止される理由の中で最も可能性が高いのがコミュニティガイドラインに違反していることです。

 

YouTubeではコミュニティガイドラインや利用規約などの動画投稿をする上でのルールがあります。

アカウントが停止される理由:

参考:YouTubeヘルプ

このようにYouTubeヘルプにはアカウントが停止される理由がハッキリと記載されています。

 

コミュニティガイドラインに違反する動画を投稿した場合、運営から警告メールが送られてきます。

違反回数 処罰内容
1回目 メールでの違反警告のみ
2回目 1回目の警告から6ヶ月以内に違反警告メールを受けると、2週間の間動画投稿ができなくなる。その後に問題がなければ投稿できるようになる。
3回目 1回目の警告から6ヶ月以内に再び違反が発覚すると、問答無用でアカウントが停止される。

警告3回でアウトになってしまうので、できれば1回目、それが無理なら2回目の時点で違反しないような動画を投稿する方針に軌道修正する必要が有ります。

 

 

3回目の警告をされなくても、1回目2回目を繰り返しているとアカウント停止される可能性があるので、3回目は回避しているからアカウントは大丈夫と考えないようにしてください。

 

また、明らかにコミュニティガイドライン違反の動画を繰り返し投稿している場合、1回目の警告でアカウント停止になることもあります。

 

そのため、YouTubeのコミュニティガイドラインと利用規約を遵守した動画投稿を心がけるようにしてください。

2:著作権違反

著作権違反とはテレビ番組、映画、ラジオ、音楽、イラストなど著作権で守られているものを無断で動画に使用することです。

 

基本的に著作権者からの通報によって違反が発覚しますが、YouTubeには「ContentID」という自動でチェックする仕組みがあります。

 

投稿者が一部のテレビ番組や音楽をアップロードすると、「ContendID」が動画を自動的にチェックし、テレビ番組や音源などを基に著作権違反の通告を行います。
著作権違反の警告通知はコミュニティガイドラインとはまた別にカウントされ、こちらも6ヶ月以内に3回違反するとアカウントが停止されます。

3:アカウント放置

コミュニティガイドライン違反や著作権違反とは別に、アカウントを放置していたことでアカウントを停止されることがあります。

  • 6 か月以上、サイトにログインしていない
  • 動画コンテンツを一度もアップロードしていない
  • 動画やチャンネルを積極的に閲覧したり、コメントしたりしていない
    参照:YouTubeヘルプページ

「アカウントを使ってないならデータベースの無駄使いだからアカウント消すよ」という方針のようですね。

 

ただ、少なくとも6ヶ月に一度はログインしていれば大丈夫なので、定期的に動画投稿を行っているならこれが理由で停止されることは絶対にありません。

スポンサーリンク

アカウント停止の原因になる動画の具体例

ここからはアカウント停止の原因になる動画の具体例を挙げていきます。

性的な表現のある動画

YouTubeヘルプにはこのように記載されています。

ポルノなどの露骨な性的コンテンツは許可されません。フェティッシュを含む動画は、問題となる行為の過激度に応じて削除されるか、年齢制限を設けられます。ほとんどの場合、暴力的、生々しい、侮辱的なフェティッシュは YouTube では許可されません。

参照:YouTubeヘルプページ

露骨なエロ動画や性器を露出する動画は許可しないとハッキリと記載されていますね。

 

また、ここには書かれていませんが、下品な言葉を連発していたり、性器は隠れているけど最小限の衣服しか身につけていない場合なども削除の対象になります。

 

エロ系の動画は再生回数が伸びやすいのですが、エロ系の動画で行き過ぎてしまうと一発アウトもあり得るので気をつけて下さい。

暴力的な表現のある動画

暴力的な表現のある動画の判断基準は、

  • 暴力的・残虐的な行為が行われていないか
  • 流血するような行為が行われていないか
  • テロ・脅迫に関連する内容ではないか

などが対象となります。

 

また、これらはドラマの戦闘シーンなどのフィクションでも規制の対象になるので注意してください。

危険な動画

例えば、違法薬物の使用や爆弾製造などはYouTubeでアカウント停止になるだけでなく、警察にも通報されることになります。

 

警察沙汰まで行かないものだとしても、動画内の行為が深刻な怪我や死亡する危険性がある場合は動画の削除・アカウント停止の危険性があります。

 

ガイドラインに存在するグレーゾーン

アカウント停止の原因になる動画の具体例を3つ挙げましたが、実際はどれもグレーゾーンが存在します。

 

例えば、こちらの東海オンエアの動画は明らかに性的な表現がある動画ですし、内容もYouTubeの中ではかなり下に走っています。

スクリーンショット 2016-05-03 11.40.51

また、はじめしゃちょーの動画も家の中で火を放射していますし、見方によっては危険な動画と捉えることもできます。

スクリーンショット 2016-05-03 11.39.20

しかし、どちらの動画も削除されることもなく人気を集めているので、運営からすると問題ないと考えられているようです。

 

このようにグレーゾーンは実際に存在しますが、危なかったりエロネタの方がアクセスが集まるからと攻めすぎるのはアカウント停止の危険性が高くなるので気をつけてください。

アカウントが停止されたらどうする?

アカウントが停止されると基本的に復活させることは不可能です。

 

YouTuberのシバターは一度アカウントが停止されましたが、大量の通報によりアカウント停止されただけでガイドラインには違反していなかったのでアカウントが復活しましたが、これは例外だと思ってください。

 

アカウントが停止されても、0からのスタートになりますが新しいアカウントの作成は問題なくできます。

 

ただ新しいアカウントを作成する際、停止されたアカウントに登録していたメールアドレスが新しいアカウント作成に使えなくなるので、新しいメールアドレスを用意する必要があります。

アカウント停止させられないためには?

小学生にも見せれる内容

小学生の将来なりたい職業の第3位にYouTuberが入っていることからかなり多くの小学生がYouTubeで動画を見ていることが分かります。

 

子供は他人のやっていることを真似しますし、物事の危険性や善悪をまだ理解していません。つまり、あなたが投稿した危険な動画を子供たちが真似をするかもしれないのです。

 

実際にHIKAKINも小学生が真似しても危なくないようなことをしていると話していますし、小学生にも自信を持って見せられる動画ならガイドラインに違反することもありません。

オリジナルの動画を作ること

テレビや他人の動画を編集して投稿したところで、自分の動画ではないので明らかな著作権違反になります。

 

また、他と同じような動画を投稿していては有象無象の中に埋もれてしまいます。多くの人により長く見てもらいたいならオリジナルで勝負するしかありません。

規約についてもっと詳しく知りたいなら

サッカーをするのにサッカーのルールを知り尽くすのと同じように、YouTubeで動画投稿するならYouTubeのルールを理解するのは絶対に必要なことです。

 

この記事でもそれなりに詳しく説明しましたが、もっと詳しく知りたい場合は下記のサイトを御覧ください。

YouTubeヘルプ

YouTubeポリシー&セキュリティ

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube投稿テクニック, YouTube視聴テクニック