YouTubeで起きるエラー404の原因と対処法は?

      2016/05/12

スポンサーリンク

YouTubeでエラー404が起きるのを見たことがあると思います。

 

今回はエラー404の意味や原因などを解説していきます!

エラー404とは??

エラー404はアクセスしたページが見つからないときに起きるエラーです。

 

このエラーはYouTubeだけでなく、インターネット全般で起こるエラーなので知っておくと便利ですよ!

エラー404の原因は?

エラー404の原因は、アクセス先のページが削除されていたり、URLが間違っていることです。

 

原因は自分にはないので、慌てたりする必要はありません。

 

YouTubeだとチャンネル登録するとき起きることが多いようです。

スポンサーリンク

エラー404の対処法は?

エラー404は自分に原因はないので、再起動したりキャッシュを削除しても原因の解決になりません。

 

エラー404が起きた場合、自分では解決できない問題となります。

 

あるとすれば URLの打ち間違いですが、YouTube使っていてのエラーなのでその可能性は低いと思います。

 

例えばチャンネル登録の場合、チャンネルしようとしたアカウントが

削除されているか停止されている可能性が高いです。

 

スマホ端末の場合更新に遅れがあるので、アカウントが削除されても反映が遅れます。

 

なので一旦時間を置いてからまたやってみてください。

 

もし時間を置いてエラーが起きなかった場合、YouTubeの方で問題があったと思われます。

まとめ

YouTubeでエラー404が表示されたら、動画やアカウントが削除されている可能性があるので自分ではどうもできません。

 

YouTubeでエラー404が起きやすいのは、チャンネル・動画の削除や停止などが多いと言われています。

 

ただ、システムの不具合の可能性もあるので、時間を置いてから試してみて問題なく表示されることもあります。

 

なのでエラー404が起きた場合は、一度時間を置いてから試すようにしてください!

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube視聴テクニック