スマホでYouTubeが重くてカクカクするときの対処法

      2016/05/12

スポンサーリンク

YouTubeが重くてカクカクしてストレスがたまる経験したことがあるかと思います。

 

特にスマホはPCよりスペックが低いので、動画が重くなることがよくあります。

 

今回はそういったときの原因と対処法をご紹介します!

キャッシュがたまりすぎ!

YouTubeは色々な動画を再生するので、キャッシュが貯まりやすいです。

YouTubeアプリのキャッシュを削除する方法

 

いつの間にかキャッシュが貯まり過ぎて動画再生に問題が出ることもしばしば。

 

こまめにキャッシュを削除するようにしましょう!

アプリを起動しすぎ!

スマホを使っていると、いつの間にかいくつもアプリを起動してしまいます。

 

同時に複数のアプリを起動しているのは、YouTubeがカクカクする原因にもなります。

 

YouTubeを見るときは他のアプリは起動しないようにしましょう!

回線が遅い!

3Gや4GでYouTubeで動画を見て、カクカクしてしまうのは仕方ないです。

 

通信制限の問題もありますし、YouTubeはWi-Fi環境で見るべきです!

スポンサーリンク

再起動する

たまには再起動して端末をリフレッシュさせましょう!

 

再起動を行わないでいると、不具合が起きる原因になります。

 

動画がカクカクする場合も再起動すれば元通りになることが多いです。

まとめ

スマホはPCと比べてスペックが低いです。

 

アプリを複数同時に起動していたり、何日も再起動していないと、重くなるなどの不具合が出やすくなります。

 

特にYouTubeは通信データが多いので、余計に重くなりやすいです。

 

なので日頃から使わないアプリは落として、再起動してスマホをリフレッシュするようにしましょう!
YouTube動画のダウンロードは逮捕されるのか

スポンサーリンク

 - YouTube, YouTube視聴テクニック